脂肪溶解注射の基本情報

脂肪溶解注射をする時の準備

ダイエットをしてもなかなか痩せることができない二の腕やお腹周り、ヒップなどの部分痩せが簡単にできるのが、脂肪溶解注射です。

脂肪溶解注射の主成分は大豆でできており、脂肪を切ることもないので安心して施術を受けることができます。

10分程度で1回の治療で効果を実感できる方もいて、リバウンドもないダイエットです。
手軽に部分痩せができる脂肪溶解注射ですが、事前に準備が必要になるのかを詳しく説明します。

脂肪溶解注射をする時の準備

脂肪溶解注射の患者数が多いクリニック

脂肪溶解注射を受けたいと思ったら、美容外科クリニックを探すことになります。
多くの美容クリニックが扱うメニューなのですが、クリニックによって強みや弱みがあるのが事実です。

痩身メニューに力を入れていて、多くの施術例があるクリニックを選ぶと安心です。
サイトなどで、実際に受けた施術例を確認してからクリニックに予約を入れましょう。

脂肪吸引を勧められることもあるかもしれませんが、ダウンタイムもかなりありリスクなどもあるので脂肪溶解注射を満足して受けることができる美容外科を選んでください。

丁寧なカウンセリングと説明

予約して無料カウンセリングを受けることになったら、クリニックの雰囲気や医師やスタッフなどもよくチェックしましょう。

丁寧にカウンセリングを行ってくれ、こちらの疑問にしっかりと応えてくれると信頼感があるクリニックであることがわかります。

脂肪溶解注射のことをよく知っていたとしても、丁寧に説明してメリットや注意点をきちんと伝えてくれるクリニックは安心です。

注射をうつ施術だけなので、カウンセリングや説明に納得が行けばその日に施術を受けることができます。

医師からは大豆アレルギーや気になることがないかなどが聞かれますが、大豆に対してのアレルギーがなく、健康であれば誰でも受けることが可能です。

脂肪溶解注射の原料であるフォスファチジルコリンは大豆のアミノ酸からできるレシチンですので、副作用が少なく安心できます。

医療面でも高脂血症の治療に使われており、安全性の高い注射です。
カウンセリングではそのような説明もされますので、聞きたいことがあればその場で気軽に聞いてみましょう。

料金が明瞭

脂肪溶解注射は1本1万円と手軽な価格で利用することができるようになってきました。
それでも1本だけでは治療は完了しないことがほとんどです。

痩せたい部分の範囲に応じて数本を打つことが必要になるので最低でも10万円前後かかってくることでしょう。

料金が明確に表示されているクリニックでは、安心して相談することができます。
12本だと3回に分けて打つことになり、クリニックによっては複数本でさらに割引というキャンペーンをしているところも多いです。

理想の体型になるためにはどの程度の費用がかかってくるのかは医師に相談する必要があります。
無料カウンセリングで料金面についても確認しましょう。

アフターケアがしっかりとしているかを確認

脂肪吸引の施術を受けるときのように、血液検査は必要ありません。
治療を行う前にする準備などもなく、治療後のダウンタイムもないので気軽に受けることができます。

注射をしたことで赤みや痒くなるという方はいるようですが、そのような場合にもしっかりとアフターフォローをしてくれるクリニックですと安心です。

副作用が少ない施術ではありますが、状態を常にチェックしてくれて相談できるとよいでしょう。

人によっては回数も異なってきますが、自分にあったクリニックであれば脂肪溶解注射を打つごとに確実に痩身効果を実感できます。

まとめ

脂肪溶解注射を受ける時に必要な準備は、自分にあったクリニックを選ぶということです。

事前準備や術後はすぐに通常の日常生活を送ることができる、体への負担も少ない施術が脂肪溶解注射になります。

信頼できる美容クリニックを選び、理想的な体型を手に入れてください。