脂肪溶解注射の基本情報

脂肪溶解注射と脂肪吸引の違い

脂肪溶解注射と脂肪吸引なのですが同じ脂肪という漢字が使用されているため、同じと思ってしまう方も少なくありません。しかし実際には、脂肪溶解注射と脂肪吸引で大きな違いが発生しており、各々のメリットが発生しています。
そこで脂肪溶解注射と脂肪吸引の違いやどのようなメリットが発生しているのか紹介していきます。

脂肪溶解注射と脂肪吸引の違い

脂肪溶解注射は、脂肪を分解してくれる薬剤を注入していき、ドロドロになった脂肪を排出する注射を言います。脂肪吸引は、メスを使用してそこから体内に溜まっている脂肪を排出する方法なので全然違っています。

脂肪溶解注射はピンポイントで薬剤を注入していくことができ、目的の脂肪をドロドロにしてから排出できるため、小さい範囲でも全然問題なく実施する事ができます。また脂肪吸引は、細かい部分で実施するのが難しいのですがそこまで回数を実施しなくてもすっきりとした体型に整えられる強みが発生しています。

脂肪溶解注射と脂肪吸引の違いがどうしても分からないという方は、脂肪溶解注射は薬剤を注入して脂肪を排出していき、脂肪吸引はそのまま体内に溜まっている脂肪を排出するという認識で問題はないです。

脂肪溶解注射のメリット・デメリット

脂肪溶解注射のメリットは痛みが少ないというメリットがまず発生しています。痛みに敏感な方でも安心して施術を受けることができるので、近年は高い人気を誇っている施術方法の一つです。更にメスを使用しないので身体の負担が少ないのもメリットです。脂肪溶解注射によっては、施術を受けた後もすぐに快適な日常生活に戻れる場合があり、これまでと同じ生活を実施することができます。

その他にも脂肪溶解注射が優れている部分として、副作用の心配がほとんどないという強みも発生しています。そのため、副作用の心配をしないで脂肪溶解注射の施術を受けることができ、少しずつ理想の身体に近づけられるのが魅力です。

残念ながら発生しているデメリットは、一度で理想の身体に整えられるわけではないという部分です。何度も脂肪溶解注射を実施することで、少しずつ理想の身体に整えられるため、どうしても時間がかかってしまうのがデメリットです。

更に何度も脂肪溶解注射を実施しないといけないので、人によっては経済的な負担が起きてしまう恐れがあります。そこでお金の心配をしないで、脂肪溶解注射施術を受けたい人は、お手頃な金額に定められているクリニックを選ぶことが大切です。

脂肪吸引のメリット・デメリット

脂肪吸引の優れている部分として、一回の施術でも理想の身体に整えることができます。体内に溜まっている脂肪を徹底的に排出できるので、一回の施術でも見た目で確認できるほど変化を実感できます。特に大量の脂肪が体内に溜まっている方は、脂肪吸引を選択することで見違えるほどすっきりとした体型に整えることが可能です。

脂肪吸引のデメリットは、まず痛みが大きいのである程度我慢をしなくてはいけません。更にダウンタイムも長いので、脂肪吸引を受けた後は約3週間ほど安静にしないといけないケースがほとんどです。回復力が遅い方だと一ヶ月ほど安静にしないといけない場合もあるので、回復するまでに時間がかかります。

また脂肪吸引は、対応した医師の技量が出やすいので優秀な医師に対応してもらわないとデコボコしやすいというマイナス部分もあります。これまでに何度も脂肪吸引の経験があり、高い技量を身につけている医師の場合は、このようなデメリットは発生しません。

まとめ

脂肪溶解注射と脂肪吸引には違いが発生しており、脂肪溶解注射は身体の負担が少ないという特徴を持っています。ただし効果を実感するまでに何度も施術を受けなくてはいけないので、状況によっては経済的な負担が起こる恐れがあります。
脂肪吸引は一度の施術でも大きな効果を実感しやすいのですがその反面、身体に大きな負担がかかるというデメリットがあります。